歯の強度を高める

治療台と歯科医師

虫歯を予防するには、歯磨きしかないと思っている方も、多いのではないでしょうか。 確かに毎日、しっかりと歯磨きを行う事で、歯垢や虫歯菌を除去する事が可能です。 しかし、最近「フッ素塗布」という歯科治療で、虫歯を予防する方が増えています。 フッ素塗布とは高濃度のフッ素を、歯に塗布する治療法です。 歯にフッ素をつける事で、酸に強くなる効果や再石化を助ける作用、そして歯が酸で溶けだすのを予防する効果が期待できます。 フッ素塗布の歯科治療を受ける事で、歯自体が丈夫になるのです。 定期的に歯医者さんでフッ素塗布を行えば、虫歯いなりにくい、また傷みにくい歯になると言われています。 フッ素塗布は1年に2回から4回程度、行うと効果的です。

小さいお子さんは、虫歯になりやすいと言われています。 子供の歯は大人よりも弱い為、虫歯になりやすいのです。 1度虫歯になってしまうと、治療に時間がかかってしまいますし、歯を削るといった歯科治療を行うケースが多い為、小さいお子さんには負担でしょう。 また、虫歯は痛みもある為、なるべく予防したいものです。 虫歯予防として今、注目されている歯科治療に「フッ素塗布」が挙げられます。 フッ素塗布は高濃度のフッ素を、歯につける治療です。 フッ素を歯に塗布すると、歯の質自体を強化する事が出来る為、虫歯の予防に効果的と考えられています。 実際、フッ素塗布を1年間に2回から4回程度行えば、約20%から40%の虫歯を予防できるというデータがあるのです。 ですので、虫歯になりやすい小さなお子さんに、フッ素塗布はお勧めと言えるでしょう。